ホームページ制作をするwebデザイナーは黒子に徹すべし

ニュースを扱ったホームページの企画、デザイン、運営管理を10年やっていていた経験から学んだこと。それはwebデザイナーは黒子に徹するべき存在だということです。デザイナーはとかくすべてをコントロールしたがる傾向があります。

これまで多くの制作会社と付き合ってきましたが、かつての自分も含めて、1ピクセルまで自分の思い通りにしたいと考えるデザイナーがほとんどでした。自分の作品である以上、その気持ちはよく理解できますし、ましてやブラウザーの仕様のせいで、自分が練りに練った作品を崩されるなんて光景は見たくないものです。でも実際ユーザーはどう思っているのか? デザインに魅かれてそのサイトを使っているユーザーもいるでしょうし、デザインそのものがウリのケースもあるでしょう。でも多くの一般的なサイトのユーザーは、まず情報を求めているはずです。

彼らが望んでいるのは、素早く自分が欲しい情報を手に入れること。ハッキリ言って、デザインはどうでもいいのです。デザイナーはアーティストではありません。つまりお客様であるユーザーを満足させるには、情報が取り出しやすい環境を整えることが使命であり、webデザインはそのための手段なのです。ユーザーが望んでいるのは、デザインが施されていたかどうかも気づかれないような、存在感のない空気のような情報の入れ物ではないでしょうか。