ダウンジャケットのラグジュアリーブランド モンクレール ブランドについて

東京港区の六本木ヒルズ。

外国人が多数訪れる都心のオフィス&商業施設には、沢山のブランド店舗があります。

その中にモンクレールは出店しています。

モンクレールは、ブランド発祥の地フランスはもちろん、ヨーロッパ14か国、アジア4か国に133か所の店舗を展開しています。

六本木ヒルズは日本を代表する店舗ですが、東京には合計15店舗を展開中です。

銀座、青山、老舗のデパートである伊勢丹、高島屋、三越。

関西では大丸と阪急です。

今では高級なダウンジャケットのラグジュアリーブランドとして日本人にしっかりと認識されているモンクレール。

そのブランドの歴史は1950年代の初め、フランスで始まりました。

主に登山用の装備品を手掛けていたモンクレールは、工場のスタッフへの防寒にとダウンジャケットを手掛けます。

1960年代にかけ、スキーウェアなどのスポーツウェアに進出し、オリンピック公式ウェアに採用されるほどに躍進。

フランスを皮切りにその人気が定着したのがイタリアです。

今でもスポーツファッションの多様性が輝くイタリアの国民に圧倒的に支持されて、ブランド価値が広く認識され高まりました。

2000年を超えると幾度かのデザイナーを採用して、モンクレールの人気が世界に認知されていきました。

世界中がよりカジュアルな、人種を超えた誰にでも受け入れられやすいファツションにシフトしたことも好調を後押ししました。

ファツションの世界にもグローバル化が起こったのです。